和装・着物好きの高齢者・要介護者向けの参考情報

着物(Kimono)を始めとして和装が好きな方は多い傾向です。
そのため、着物等の参考になるページを一覧にしてご紹介します。

介護と着物とリメイク

在宅介護等を行っているケースで収納がなくなって困っている、けど捨てるわけにもいかないし等のケースがあろうかと思います。
高齢者の場合、日本の文化である着物が大量にあるケースがあります。

しかし、捨てられない、処分できない、もったいない、等の理由でずーっと箪笥の肥やしになっており、その一方で、邪魔だとも感じている高齢者の方もいらっしゃいます。

そのため、捨てる、処分するという選択肢ではなくリメイクするという選択肢を与えてあげると喜ぶことも多いです。

こうしたケースでは以下をご参考ください。

Youtube
※介護と着物リメイクについて

着物を売るという手段も

高齢者の方の場合、思い出の詰まったものを手放したくない、とお考えの方が多くなかなか処分できないケースも多いです。
上記ではリメイクという手段を記載しましたが、一方でそれでも物自体は多く減るわけでは無いためなかなか場所が空かないということもありますので、売る、ということも考えていくのが良いです。
ただ、今記載した通り、なかなかもったいない、思い出があるということで売りたくない、というケースが多いです。

そのため、売る、という手段を提案したとしてもなかなか話が前に進まないことも多くあります。

ただ、売る、という言葉を使うとなかなか前に進みませんが、査定だけしてみませんか?というと進むことがあります。

大事な着物がどれぐらい価値があるのか?どれぐらい値段がつくのか?それがきになっているという方も多いです。
なんでも鑑定団みたいな番組が好きな方も多いのですが、そういったノリで提案し、きちんとした業者に来ていただくことで、結果的に売ることを選択される方も多くいらっしゃいます。

なので、まずは査定してみませんか?路線で行ってみましょう!